るぴ那須は那須塩原市、大田原市、那須町のオススメ情報が満載!

国重要文化財・おくのほそ道風景地名勝!

那須神社

【What shrine?】byるぴ那須運営局

国重要文化財&おくのほそ道風景地名勝!
 道の駅のすぐ近くにありアクセスしやすい那須神社は、歴史を感じるとともに自然に癒される場所でした。
 那須神社は道の駅「那須与一の郷」や「那須与一伝承館」のすぐ近く、樹木に囲まれた中にあります。参道の入口に立ち参道を眺めると大きな一の鳥居が最初にありますが、何よりもインパクトを感じたのは両脇にそびえ立つ杉並木の迫力!道の駅や大通りのすぐ近くにあるのですが、参道は静寂に包まれ、自然をたくさん感じられます。

 

 一の鳥居、二の鳥居をくぐると右側に手水舟があり、朱色の楼門の姿が大きく見えてきます。鮮やかで艶やかな立派な楼門をくぐると石燈籠と朱色の拝殿があります。
 





 細部まで丁寧な彫刻がしてあり、職人の技術の高さを感じれますので、必見です!本殿全体の彫刻や彩色、 楼門全体を彩る装飾などは独創的で、「中世と近世の特徴を併せ持つ神社建築」として高い評価を得ています。
平成26年に本殿、銅棟札、楼門が国重要文化財に指定されました。また、おくのほそ道風景地名勝にも指定されています。

 



 仁徳天皇(313~399年)時代の創立で、さらに延暦年中(782~806年)に征夷大将軍坂上田村麻呂が応神天皇を祀って八幡宮にしたと伝えられています。社宝には、那須与一が奉納したといわれる太刀や寛永19年(1642年)の建立と推測される楼門などがあり、春と秋の例大祭に奉納される太々神楽、獅子舞、流鏑馬の行事なども有名です。
 

「おくのほそ道風景景勝地」とは・・・
 「おくのほそ道」と「曾良旅日記」に記載のある風景地のなかで、風致景観や遺存状況が良好な地点がおくのほそ道の風景地として一連で名勝に指定されています。

 駐車場は道の駅「那須与一の郷」をご利用ください。
 道の駅で特産品や地元野菜を購入したり、グルメを満喫しながら大田原の歴史を感じれる素敵なスポットです。

インフォメーションINFORMATION

名称 那須神社
(ナスジンジャ)
電話 0287-22-3281
アクセス 国号461号線沿い、道の駅「那須与一の郷」の裏手です。
住所 〒324-0012 栃木県大田原市南金丸1628
駐車場 【無料】【コンクリート】
道の駅「那須与一の郷」の駐車場を利用できます。
トイレ 道の駅「那須与一の郷」にあります。
飲食情報 道の駅「那須与一の郷」に【レストラン】【売店】【自動販売機】あり
施設情報 無料駐車場
公式URL http://www.ohtawara.info/spot/nasujinjya.html
TEL:0287-22-3281