るぴ那須は那須塩原市、大田原市、那須町のオススメ情報が満載!

数多くの伝説が残る滝!

乙女の滝

What waterfull?】byるぴ那須運営局

数多くの伝説が残る滝!
 那須町の那須街道「一軒茶屋前」から那須塩原市に抜けるドライブコースに乙女の滝はあります。他の観光地からは少しルートが外れますが、乙女の滝はそれでも見に来る価値があるおすすめスポットです。

 無料の駐車場から看板を目印に遊歩道を歩いていくと、途中に茶とクリームのオシャレな外観のカフェ「Cafe Calme」さんがありました。

 



 進んでいくと、観瀑台があり、滝を上から見下ろすことができます。しかし、木々が多く若干、見えにくいかもしれません。でも、乙女の滝は、さらに滝つぼまで進むことができます。
 



 滝つぼまでは、階段になっている遊歩道を進んでいきます。すると徐々に水音が大きくなり、乙女の滝が姿を現します。
乙女の滝は、白笹山(しらささやま)から流れる沢名川(さわながわ)にある幅約5メートル、落差約10メートルの美しい滝です。「竜化の滝」や「回顧(みかえり)の滝」のように大迫力の滝ではありませんが、静寂の中、滝の音しか聞こえない素晴らしい世界を体感することができます。また、季節や水量によっていろいろな表情を見ることができます。

 



 滝の名前の由来にはいくつかの説がありますが、昔地元の若い釣り人が沢名川(さわながわ)に行くと、滝の上に盲目の美しい乙女が現れました。この話が村人に伝わり、後にこの滝の名前になったと言われています。またこの乙女は、沢名川(さわながわ)の上流にある「沼ッ原湿原」の子守石に伝わる昔話と関係があるようで、盲目になった蛇の化身であるという伝説があります。
 他にも、滝のやさしく美しい流れが乙女の髪のように見えるという説や、滝壷に若い人魚が現れたという説などが伝えられています。

 



 都会の喧騒を忘れ、清らかな水ときれいな空気に包まれて心も身体もリフレッシュしたい方にオススメです。

 駐車場は約20台駐車できます。看板などはないので通り過ぎないようお気を付けください。

 

インフォメーションINFORMATION

名称 乙女の滝
(オトメノタキ)
アクセス 那須町の那須街道「一軒茶屋前」から県道266号線を板室温泉方面へ
住所 〒325-0111 栃木県那須塩原市板室703
駐車場 【無料】【コンクリート】
約20台
トイレ 駐車場にあります。
12月中旬~3月中旬は閉鎖。
飲食情報 なし
施設情報 無料駐車場